中国公認会計士

統制環境5要素

CICPA の商品評価損の解説

商品評価損


【材料存货的期末计量(是指需要加工的材料)】


材料の期末棚卸資産算出と計上方法


【材料存货的期末价值应当以所产生的产品的可变现净值与成本的比较作为基础加以确定】


通常の販売目的で保有する商品は取得原価をもって貸借対照表に計上します。 これ日本も中国も 記帳方法は一緒です。


取得原価 は正味売却価格より値下げの場合 商品評価損 します。

正味売却価額=市場売却の時価販売手数料税金(销项税)


  1. 对于生产而持有的材料等如果生产的产成品的可变现净值高于成本, 则该材料仍然应当按照成本计量(产品没有贬值则材料不提减值)


2. 如果材料的价格下降,表明产成品的可变现净值低于成本价格,则该材料应当按可变现净值计量按其差额计提存货跌价准备(产品贬值了则材料题 减值)



1.生産のために保有されている 原材料について、製造された完成品の 正味売却価格が 取得原価よりも高い場合は、 原材料は 取得原価で 記帳 します。(完成した商品は値下げされてないので商品評価損はしません)。

2.材料の価格が下落し、完成品の正味売却価額が原価より 値下げの場合、材料は正味売却価額で記帳します。(完成した商品は値下げされていたため商品評価損をします。)




甲公司20*8年末,库存乙原材料1000件,单位成本为2万元。甲公司将乙原材料加工成为丙产品对外出售每两件乙原材料可以加工一件丙产品。


20*8 年12月31日, 乙原材料的市场价格为1.8万元/件。 用乙原材料加工的丙产品市场价格为4.7万元/件, 将两件乙材料加工成1件丙产品的过程中预计发生加工费0.6 万元, 预计销售每件丙产品发生销售费用以及相关税费 0.2 万元。


20*9 年3月, 在甲公司20*8年度财务报表经董事会批准对外报出前, 乙原材料的市场价格为

2.02 万元/ 件。


不考虑其他因素, 甲公司20*8 年末乙原材料应当计提的存货跌价准备是(     )


A、 0

B、 50 万元

C、450 万元

D、200 万元


跌价计提准备的前提是要判断材料是否贬值了。


第一步要判断是卖产品还是卖原材料


20 * 8 年末、A社はBの原材料を1,000個在庫し、 仕切単価は 2万元。会社Aは原材料Bを製品Cに加工し、製品Cを販売します。原材料B2個ごとに1つのC製品に生産します。


20* 8年12月31日の原材料Bの市場価格は1個あたり1.8万元でした。 B原料を使用したC製品の市場価格は1個あたり4.7万元であり、2つのB材料を1つのC製品に加工し、0.6万元の加工費が必要だと見積もられています。販売費と関連税は次のように見積もられます。販売されたC製品は販売管理費1個あたり0.2万元かかります。


20* 9年3月、A社の20 * 8年次財務諸表が一般に開示される直前に、B社の原材料の市場価格は1個あたり2.02万元でした。


他の要因を考慮せずに、20 * 8の終わりにA社が原材料Bに対して発生する必要のある在 商品評価損は(   )です。


A. 0

B.50万元

C.450万元

D.200万元




产品  = 材料 + 工费

4.6 万元=2 万元 ×2 件 +0.6/ 件 可以算出一件产品的成本是4.6 万元

产品的可变现净值(产品的估计售价)4.5 万元= 4.7 万元-0.2 万元


(4.7-0.2-0.6)/2=1.95 万元

应该计提的存货跌价准备的金额=(2-1.95) × 1000=50 万元



製品=材料+労働

4.6 万元= 2 万元×2個+ 0.6 /個   製品のコストは4.6 万元と計算できます。

製品の正味売却可能価額(製品の推定販売価格)は、4.5 万元= 4.7 万元-0.2 万元


(4.7-0.2-0.6)/ 2 = 1.95 万元 /個 


商品評価損=(2万元-1.95万元)×1000 個 = 50 万元