中国公認会計士

統制環境5要素

会社における内部監査の5要素

内部監査の5要素 統制環境 会社経営.jpg
会社における内部監査の5要素の1ー 統制環境
重要な不正から生じる債務報告の虚偽の表示が多くの場合、それは経営者によって行われるか、もしくは経営者の黙認のもとで行われることがあります。
経営者が直接虚偽の報告を行う場合、それは企業の財務状況を隠蔽するために行われる場合があります。このような行為は、企業や株主に対して不正確な情報を提供し、投資家の判断を誤らせる可能性があるため、法的に問題があります。
一方、経営者の黙認によって虚偽の報告が行われる場合、経営者がその不正を知っていたにもかかわらず、対処しなかったということになります。このような場合、経営者自身が責任を負うことがあります。
 
経営者は、企業の財務報告に対して責任を持ち、正確な情報を提供することが求められます。虚偽の報告は、企業や株主に対して不正確な情報を提供し、企業の信用力や評判に損害を与える可能性があるため、避けなければなりません。
 
内部監査 統制環境5要素の統制環境.jpg
 
1. 統制環境(Control Environment)
統制環境は、企業の内部統制を確立するための基盤となる要素であり、経営陣の姿勢やリスクマネジメント、コミュニケーション、人事制度などが含まれます。 統制環境は次の7要素から構成されます。
 
(1) 誠実さ及び論理間の伝達と要求(Communication and enforcement of integrity and ethical values)
企業は適切な行動規範や綱領を策定し、それを従業員に適切に伝えることで、内部統制の効果的な実施につながるとされています。また、不正や違法行為などのインセンティブを持たないような経営者の行動も重要であり、内部統制の設計や監視の有効性に影響を与えるとされています。

 

(2)   能力の向上に対する努力(Commitment to competence) 
経営者が特定の職務に必要な知識やスキルレベルを持ち、能力の向上に努めることがとても重要です。つまり、経営者は自身の職務に必要な知識やスキルを継続的に向上させることが求められるということです。このような努力があることによって、企業の内部統制やリスク管理などに必要なスキルが身につき、経営者が企業の運営において適切な意思決定を行えるようになると考えられます。

 

(3)  人的資源に関する方針とその施行。(Human resource policies and practices)
企業が採用、訓練、昇進、報酬などの人的資源に関する方針を策定し、それを施行することが重要であるとされています。また、企業が採用にあたって最も重視する側面に関する方針なども含まれます。つまり、企業は人材の選定や育成において、明確な方針を持ち、それを実施することが必要であるということです。このような方針と施行が適切であることによって、企業の内部統制やリスク管理、および企業文化の形成につながるとされています。
 
(4)    権限と責任の割り当て(Assignment of authority and responsibility)
具体的には、業務の運用において、誰がどのような権限を持ち、誰がどのような責任を持つかを明確に割り当てることが重要であるとされています。また、指揮系統や報告ラインがどのように確立されているかについても言及しています。つまり、誰が誰に対して責任を負い、誰が誰に命令を出すのかを明確に定め、それに基づいて運用することが求められます。このような権限と責任の割り当てが適切に行われることによって、企業の内部統制やリスク管理が効果的に実施され、業務の運用が円滑に進むことが期待されます。

 

統制環境 会社監査.jpg
 
(5)  経営者の哲学と経営方式(Managemen’t philosophy and operqting style)
具体的には、広い意味での経営者の特徴やビジネスリスクの捉え方、財務情報に対する態度などが含まれます。つまり、経営者の哲学や価値観、その経営方針や戦略が企業の経営に大きな影響を与えることが指摘されています。また、経営者のリスク認識や財務情報へのアプローチについても言及されており、これらが企業の内部統制やリスク管理に大きな影響を与えることが期待されます。経営者の哲学や経営方式についての理解が深まることによって、企業がリスクを適切に管理し、持続可能な成長を実現することができるとされています。

 

(6) ガバナンスに責任を負う者の参加(Participation of those charged with governance)
企業のガバナンス構造において責任を負う者がどのように参加するかが重要であること。具体的には、経営者からの独立性、責任者の経験や能力、関与の態度、情報の受領方法、内部および外部監査人との相互作用などが重要な要素として挙げられています。
責任を負う者とは、企業の経営者や取締役会など、企業のガバナンスに関する責任を負っている者を指します。これらの責任者が適切に参加し、責任を果たすことが、企業の内部統制やリスク管理において重要であるとされています。そのため、責任者が独立して意思決定することや、専門的な知識や経験を持つことが求められます。また、内部及び外部監査人との相互作用も重要であり、責任者が監査人とのコミュニケーションを積極的に行い、監査人からの意見を適切に反映することが求められます。

 

(7)組織構造(Organizational structure)
企業の組織構造が企業レベルの目標が計画、実施、統制、監視されるフレームワークを提供する。
。組織構造は、組織内の職務や責任を明確化し、意思決定のプロセスを促進し、業務を効果的に管理するために必要です。したがって、適切な組織構造が確立されることで、企業は目標達成に向けた戦略の実行を支援することができます。
組織構造は、企業のビジネスモデルと目標を反映するように設計される必要があります。これは、企業が機能するための必要な役割や責任、上下の報告ライン、意思決定プロセス、および職務の階層的なレベルなどを明確化することで達成されます。組織構造は、各業務が誰に報告し、誰が誰に指示するかを明確にすることで、業務を効率的に管理するために必要な役割や責任を確立します。
組織構造には、階層的な上下関係に基づいたヒエラルキー型組織、クロスファンクショナルなチームによるマトリックス型組織、およびプロジェクトに基づいたプロジェクト型組織など、さまざまな種類があります。組織構造は、企業の規模、業種、および目的に応じて選択され、必要に応じて変更されます。たとえば、急速な成長や業界の変化に対応するために、企業は組織構造を変更する必要がある場合があります。
組織構造が適切に設計され、適切に運用されている場合、組織内の情報フローがスムーズになり、目標の達成に向けた作業が効率的に進められます。また、従業員は彼らの役割と責任をより明確に理解し、組織内の他の従業員と協力することが容易になります。組織構造は、企業が組織的に機能し、組織のビジョン、目標、および価値を実現するために重要な要素です。統制環境の要素.jpg

中国公認会計士

統制環境5要素

Contact Us