中国公認会計士

統制環境5要素

内部監査から見た取締役の不正行為

businessman, businesswoman, team spirit-2753324.jpg

会社内部監査において、取締役の不正行為を発見することは重要な役割です。以下は、取締役の不正の例をいくつか挙げたものです。
  1. 会社資産の横領 
    取締役が会社資産を自己の利益のために不正に使用する場合があります。例えば、私的な旅行費用や高級車の購入費用を会社の資産から支払うなどがあります。
     
    不正な取引の行為
    取締役が会社と不正に関係する取引を行うことがあります。例えば、友人や家族に有利な取引を行ったり、自分自身が関わっている企業に対して適切な対応をしないなどがあります。
  2.  
    information boards, special characters, traffic signs-105193.jpg
     
  3. 給与の不正請求
    取締役が過大な給与を請求する場合があります。例えば、実際には出社していないにもかかわらず出勤手当や時間外手当を不正に請求するなどがあります。 
    不正会計の行為
    取締役が企業の財務諸表を不正に操作することがあります。例えば、収益を過大に計上するなどがあります。
     
    企業秘密の漏洩
    取締役が会社の重要な情報を外部に漏洩することがあります。例えば、競合他社に情報を提供するなどがあります。

  4. 取締役が会社の取引情報を他社の利益関係者に漏洩し、会社の損害をさせ、自分自身の利益を追求することは、法的に犯罪に該当します
    このような行為は、機密情報の漏洩や背信罪、または不正競争防止法違反などに該当する可能性があります。また、取締役としての職務上の義務違反として、民事上の賠償請求が可能な場合もあります。会社は、取締役の不正行為を発見した場合は、適切な法的手続きを行うことが求められます。
chart, graph, finance-2785902.jpg
 
以上のように、取締役が不正行為を行うことで、会社に深刻な損害を与える可能性があります。会社内部監査においては、これらの不正行為を発見し、適切な対応を行うことが求められます。

 

背信罪解説:
背信罪とは、信義則に背いて信頼関係を裏切ることによって、他人に損害を与えた場合に適用される刑事罪のことです。背信罪は、金銭を持つ者とその信頼者との間の信頼関係によって成立する罪であり、民事上の違約行為や不正行為刑事上の背信罪に該当する場合があります。
flasher, signal, police-5027727.jpg
 
具体的には、以下のような行為が背信罪に該当する場合があります。
 
  • 信頼者の信用を失墜させる行為:たとえば、預金者の預金を横領する、投資家から集めた資金を横領する、契約者の金品を不正に横領するなど。
  • 知りながら事実を隠す行為:たとえば、損失を隠して利益を誇示する、商品の欠陥を隠して販売する、顧客から受け取った入金を適正に処理しないなど。
  • 約束を守らない行為:たとえば、支払いの約束を守らずに支払いを遅らせる、支払いを拒否するなど。
 
背信罪に該当する場合、その罪状によって刑罰が異なりますが、一般的には懲役刑や罰金が科されます。また、背信行為によって被害を受けた被害者は、損害賠償を請求することもできます。
 
board, writing, problem-1521348.jpg
 
 

中国公認会計士

統制環境5要素

Osaka city