中国公認会計士

統制環境5要素

3-CICPA中国公認会計士-監査論(中国語)-审计认定的种类

office, desk, smartphone-865091.jpg

概要

監査認定とは、経営陣が財務諸表要素(資産、負債、所有者資本、収益、費用等)の確認、測定、列示(開示を含む)について行った明示的または黙示的な表明を指します。公認会計士は、重大な誤謬リスクを識別、評価、対応する際に、経営陣の認定を重要な根拠として、発生する可能性のある様々な種類の潜在的な誤謬を考慮します。

監査認定の種類

監査認定は主に2種類に分類されます。

 

  1. 監査対象期間におけるあらゆる取引、事象及び関連開示に関する認定
  2. 期末口座残高及び関連開示に関する認定

一、監査対象期間におけるあらゆる取引、事象及び関連開示に関する認定

この認定には通常、以下の6つの側面が含まれます。

  1. 発生: 取引または事象が実際に発生しているかどうか、及び適切な会計基準または方針に準拠しているかどうかを確認します。例えば、架空の取引が存在するか、収益を人為的に誇張していないかを検証します。

  2. 完全性: すべての重要な取引または事象が財務諸表に完全に開示されているかどうかを確認します。例えば、収益または費用の漏れ、収益の前倒し計上または費用の繰延べ計上がないかどうかを検証します。

  3. 正確性: 財務諸表に記載されている取引または事象の金額、測定及び開示が正確かどうかを確認します。例えば、収益または費用の計上誤り、資産または負債の評価不当がないかどうかを検証します。

  4. 切断: 財務諸表に記載されている取引または事象が適切な期日までに計上され、すべての重要な取引または事象が含まれているかどうかを確認します。例えば、収益または費用の跨期計上、資産または負債の期末残高の不実がないかどうかを検証します。

  5. 分類: 財務諸表に記載されている取引または事象が正しく分類されているかどうかを確認します。例えば、繰延収益を流動資産または固定資産に分類しているかどうかを検証します。例えば、長期資産を短期化し、短期負債を長期化していないかどうかを検証します。

  6. 列示: 財務諸表に記載されている取引または事象が正しく列示されているかどうかを確認します。例えば、すべての収益と費用がそれぞれ適切な勘定科目に計上されているかどうかを検証します。例えば、収益または費用の表示不当、資産または負債の開示不完全がないかどうかを検証します。

中国公認会計士.jpg

二、期末口座残高及び関連開示に関する認定

この認定には通常、以下の6つの側面が含まれます。

  1. 存在: 当該口座残高が実際に存在するかどうかを確認します。例えば、架空の売掛金や棚卸資産が存在しないかどうかを検証します。

  2. 権利及び義務: 資産が監査対象者に帰属し(権利)、負債が監査対象者に帰属する(義務)ことを確認します。例えば、売掛金の帰属不明、買掛金の未確認がないかどうかを検証します。

  3. 完全性: すべての重要な口座残高が財務諸表に完全に開示されているかどうかを確認します。例えば、資産または負債の漏れ、所有者資本計上の少なすぎる状況がないかどうかを検証します。

  4. 正確性: 財務諸表に記載されている口座残高の金額、測定及び開示が正確かどうかを確認します。例えば、資産または負債の計上誤り、評価不当がないかどうかを検証します。

  5. 分類: 財務諸表に記載されている口座残高が正しく分類されているかどうかを確認します。例えば、買掛金を流動負債または固定負債に分類しているかどうかを検証します。例えば、長期資産を短期化し、短期負債を長期化していないかどうかを検証します。

  6. 列示: 資産、負債及び所有者資本が適切に合計または分解され、明確に表示されているかどうか、及び関連する開示が適用される財務報告作成基準に基づいて関連性があり、理解可能であるかどうかを確認します。例えば、資産、負債または所有者資本の開示不完全、情報の不明瞭がないかどうかを検証します。

中国公認会計士-監査論.jpg

概述

审计认定是指管理层对财务报表要素(包括资产、负债、所有者权益、收入、费用等)的确认、计量和列报(包括披露)所作出的明确或隐含的表达。注册会计师在识别、评估和应对重大错报风险的过程中,将管理层的认定作为重要依据,以考虑可能发生的不同类型的潜在错报。

审计认定的种类

审计认定主要分为两大类:

  1. 对所审计期间各类交易、事项及相关披露的认定
  2. 对期末账户余额及相关披露的认定

一、对所审计期间各类交易、事项及相关披露的认定

此类认定通常包括以下六个方面:

  1. 发生:确认交易或事项是否真实发生,并符合适当的会计准则或政策。例如,检查是否存在虚构交易或人为夸大收入的情况。

  2. 完整性:确认所有重要的交易或事项是否完整地披露在财务报表中。例如,检查是否存在遗漏收入或费用、提前确认收入或推迟确认费用的情况。

  3. 准确性:确认财务报表中所反映的交易或事项的金额、计量和披露是否准确无误。例如,检查是否存在收入或费用计量错误、资产或负债估价不当的情况。

  4. 截止:确认财务报表所反映的交易或事项截止到适当的日期,并包括所有重要的交易或事项。例如,检查是否存在收入或费用跨期确认、资产或负债期末余额不实的情况。

  5. 分类:确认财务报表中所反映的交易或事项是否被正确地分类,例如是否将应计收益分类为流动资产或非流动资产。例如,检查是否存在将长期资产短期化、短期负债长期化的情况。

  6. 列报:确认财务报表中所反映的交易或事项是否被正确地列报,例如是否将所有收入和支出分别列在适当的账户中。例如,检查是否存在收入或费用列示不当、资产或负债披露不完整的情况。

二、对期末账户余额及相关披露的认定

此类认定通常包括以下六个方面:

  1. 存在:确认该账户余额是否真实存在。例如,检查是否存在虚构应收账款或存货的情况。

  2. 权利和义务:确认资产归属于被审计单位(权力),负债属于被审计单位(义务)。例如,检查是否存在应收账款归属不明、应付账款未核实的情况。

  3. 完整性:确认所有重要的账户余额是否完整地披露在财务报表中。例如,检查是否存在遗漏资产或负债、少列所有者权益的情况。

  4. 准确性:确认财务报表中所反映的账户余额的金额、计量和披露是否准确无误。例如,检查是否存在资产或负债计量错误、估价不当的情况。

  5. 分类:确认财务报表中所反映的账户余额是否被正确地分类,例如是否将应付账款分类为流动负债或非流动负债。例如,检查是否存在长期资产短期化、短期负债长期化的情况。

  6. 列报:确认资产、负债和所有者权益是否被恰当的汇总或分解,且表述清楚,相关披露在适用的财务报告编制基础下是相关的,可理解的。例如,检查是否存在资产、负债或所有者权益披露不完整、信息不清晰的情况。